oracle master silver 11g 独学で一発合格した勉強法など

2018年02月に念願のOracle Master Silverに合格。直前2ヶ月はほぼ学習できなかったが無事に合格できたので、Oracle Master Goldの取得に備えてメモ。

■Oracle Master Silver 学習開始時のスペック

oracle master silver学習開始時点での、筆者のスペックを記載。下っ端平社員なので、大層なスペックはない。

・Oracle Databaseの利用歴

仕事でほぼ毎日オラクルデータベースを触り、丸3年経験を積んだ。UPDATET文を作って流したり、アラートログを取ったり、表領域拡張したり、マニュアルに従ってデータベース構築したりは普通にできる。

パフォーマンスチューニングは、微妙。メモリの割当を増やしたければinit.oraのDB_CACHE_SIZEを変更したらいいことは分かるが、値をいくつにしたらいいかは自信がない。スタッツパックの取り方は分かるが、読み方には自信なし。

トラブル対応は、自分1人だと厳しい。前例のないトラブルを1人で捌けないので、先輩エンジニアがいると安心。RACとExadataは、噂で聞いて知ってるレベル。見たり実機に触ったりしたことはない。

・サーバの利用歴

扱えるサーバはwindows serverのみ。保守メイン構築サブで、windows server 2003、2008、2012を丸3年毎日利用。Linux OSは少しだけ触ったことがあるが、さくさくとは操作できない。AIX、Solarisは経験・知識とも皆無。

・その他

セキュリティ系は、実務経験を1~2年積んだのでそこそこわかる。ネットワーク系は応用情報処理技術者試験で学んだので、知識は多少ある。実務経験はpingやtracertやnslookup使う程度。ハードウェア系は、知識ゼロに近い。

■Oracle Master Silverの学習期間

足掛け1年くらい。毎日きちんと時間とって学んだのは、半年くらい。
気管支喘息の治療と労災申請を並行しながらの学習だった。

■Oracle Master Silverの学習スタイル

仕事の昼休みが、主な学習時間。早く帰れたら、夜に+1時間くらい学習。土日祝日は、余裕がある時のみ頑張った。

■Oracle Master Silverの学習方法

黒本問題集を端からは端まで読み込み、設問を解いた。設問は各2〜5回ずつくらい解いた。
一読目は読んでも読んでも何が書いてあるのかさっぱり分からず、本当に辛かった。技術者の端くれなのに、毎日Oracleに触れているのに、これほど理解できないとは「私って阿呆じゃないか」と思った。

実機を使っての動作確認や操作は、自宅ではやらなかった。実機を構築&操作する時間を、知識充填に当てていた。仕事中は、調べる時間の乏しいままOracleデータベースを触り続けていたので、経験と知識のバランスを是正したかったのも実機操作を避けた理由の1つ。

仕事で、未熟ながらも実機(Oracle Database 9i/10g/11g/12cとOracle Client)を毎日触れたことが試験勉強の短縮に役立ったのは確かなので、仕事中に積極的に実機を触るのはおすすめ。記憶力の悪い私の様な人は、知識物を理解し蓄えるだけでも時間を要するので、自宅学習は問題集の理解と問題解きに充ててしまうのも、少しおすすめ。

■Oracle Master Silver 試験結果

正答率70%で一発合格。
定着しきってない知識も多々ある状態で受験したので、試験前も試験中も試験後も、合格しそうな気持ちと不合格になりそうな気持ちが半々だった。「不合格になったら、明日からこれやって鍛えて、1ヶ月後にまた受験しよう」とも思っていた。

■Oracle Master Silver受験後の感想

Oracle Master Bronzeの試験は「広く浅く」概要を掴む試験だったが、Oracle Master Silverは「断片」。オラクルの機能の要所要所を、深めに掘り下げて知識を得る試験だった。

だが、実務で役立つ知識が多かったので、学習中から得た知識が大活躍し、周りからの信頼も高まるので、仕事中に学習のモチベーションを上げてもらえるという相乗効果があった。

合格の翌週に、システム障害が起きた。データベースが壊れた障害と、データベースに接続できなくなった障害の計2件。よくある障害だが、Oracle Silver取得を報告した直後に、2件立て続けに2時間以内に独力解決できてしまったため、周囲の自分を見る目が一気に変わった。自分自身も「意外と自己解決できるな…」と少し自信がついてきた。

■Oracle Master Silver 11gと12c どちらを受験すべきか

2018年以降に取得するなら、12cがいいと思う。

オラクルマスターという資格には、国家資格とは違い資格に有効期限があるので、後々のことを考えると12cで取る方が、資格を長く使える。オラクルマスター取得に万単位のお金がかかることを考えると、少しでも長く使って元を取る方がいいと思う。

しかも11gは、2018年1月に、Extended Supportが切れてSustaining Supportへと移行してしまった。

ORACLEのサポートはPremier Support → Extended Support → Sustaining Support の3種類で、Sustaining Supportがサポートの終末期。他のミドルウェア製品とは異なり、Sustaining Supportは無期限という好待遇で、既存の脆弱性に対するパッチは適用されるしサービスリクエストで問合せもできるが、新規で見つかった脆弱性のパッチは提供されない。

Sustaining Supportに入ると、企業様は予算や他のソフトとの兼ね合いで、新サーバの購入&移行を行い、移行ついでに新しいバージョンでOracle Databaseをサーバに入れる。そのようにして、じわじわと12cのOracle Databaseが増えていくだろう。ただ、11gから12cに移行する際料金が上がってしまう企業様がいるため、11gから12cへの流れは緩やかだ。

ちなみに今のところ、勤務先では11gユーザ様が大多数。1割が12c、1~2割が10g、9iはゼロ、残りが11gという比率。まあそろそろ12cが増えてきてもおかしくないので、これから取得するならOracle Master 12cの方がおすすめ。

そして、12cを勧めておいて何だが、11gでオラクルマスターを取っても無駄になるわけではない。
オラクル社のsustaining supportは無期限で、サポート切れがない(=困った時Oracle社が助けてくれる)。ので、セキュリティにうるさくないお客様の中には、11gを使い続ける企業様もそこそこいると思う。

■ Oracle Master silverを取得するタイミング

oracleデータベースの構築やチューニングに日常的に携わっている方なら、実務経験が1年前後でも受験できると思う。運用畑在住の私は、oracleを実務で使い始めて3~4年が経過した頃にようやく受験し、それでも合格ラインギリギリだった。

だが、Oracle初心者でも、学習を開始して1年以内にOracle Master Bronze/Silver/Goldの3つを取得した女性を知っているので、経験が浅くてもやる気と記憶力次第で取得できるはず。Gold取得の1年後、彼女はORACLE MASTER Platinumまで取得した。

Oracle databaseが有する機能について幅広く問われ、思考以上に暗記力を要する資格なので、受験するならなるべく早くて若い方がいい。記憶力の低下する30代半ば以降は、やや不利。

■独学でのOracle Master Silver の学習法

 学習期間:休み休みでのべ1年くらい
 使用したテキスト:黒本

今までのIT試験と同様に、問題集を1冊手に入れ、何度か解いて答え合わせをしながら解説で知識を得る、という手法を採った。

問題集を3回解き、それでも正答できなかった項目は、(1)理解が浅い (2)実務で使用した経験がない (3)暗記できない が主な要因なので、それぞれの原因に適した対策を採った。

(1)理解が浅い

インターネットで、IT用語と関連知識を検索することで補った。
問題文で登場した未知の単語の意味を調べ、システムの動く仕組みや構造そのものを理解しようと努めた。

私は記憶力が悪く、新しい単語を一度にたくさん覚えるのは苦手なので、単語は意味とセットにして参考書の余白にメモしておき、折に触れては読み返すよう心掛けた。
(調べた後の画面をスマホで撮影し、写真として読み返すようにした時期もあった。だが、気が散って次の写真にスワイプしてしまい結局読みまなくなることが多かったため、この方法はやめた)

(2)実務で経験がない

Oracle Master Silverはオラクルデータベースの持つ様々な機能を、様々な切り口から問う問題が多く、実務で使用したことがない機能や仕組みへの知識も求められる。

現在の勤務先はセキュリティにうるさくない企業なので、監査やリポジトリマネージャー、それに各種アドバイザーの機能は、Oracle Silverの勉強を始めるまで見たことも聞いたこともなかった。

増える実務経験と乏しい知識の偏りを是正するのが今回Silverを受験した目的の1つだったので、実務で使用しないものは仕組みや概要を理解して動的パフォーマンスビューを仕事の合間に眺める程度に留め、深追いはしなかった。

お時間のある方や未知の機能に興味の強い方は、OTNで検証用のOracle Database 11g・12cを入手してご自宅のパソコンにインストールし、実機でがんがん機能に触れるのも、理解が進んでいいとは思う。

Oracle Technology Network(OTN) 公式サイト
http://www.oracle.com/technetwork/jp/community/join/overview/index.html

(3)暗記できない

暗記が非常に苦手なので、一二度読んだくらいで用語を全て覚えるのは、諦めた(笑) システムの持つ仕組みを十分理解しているかをまずチェックし、それでも暗記の必要な項目は、隙間時間に繰り返し参考書を読むことで補った。

1~2回参考書をしっかり読み込んだ後、3回目以降は1ページあたり2~3秒の速いペースで同じ参考書を読むことで、プロセス名やV$~ビューの名前など覚えにくい用語に繰り返し触れることができ、単語を定着させやすくなった。この方法は後半が楽で忘れにくいので、少しおすすめ。

■Oracle Master Silverは取得した方がいいか(おすすめの資格か)

・Oracle Databaseを実務で使うなら心から推奨。使わないのであれば不要

Oracle MasterもSilverに至ると、Oracle Databaseを実務で使わない方は、取得する意義が薄い。

Oracle Masterは、Oracle 11g、Oracle 12cなどデータベースのバージョンごとに受験するので、取って1~3年のうちに使わないなら、製品バージョンの方が進んでしまって、せっかく身に付けた知識が陳腐化して時代遅れになってしまう。

将来データベース系の仕事につきたいだけであれば、情報処理技術者試験などの国家資格系を狙うか、windowsサーバ2008などサーバ系の資格を取る方が、他の分野に使い回しが効くと思う。(ただ、私がデータベースの仕事を始めた時、サーバ保守未経験&データベースもほぼ未経験で、資格も応用情報処理技術者があるくらいだった…)

■ Oracle Master 以外のデータベース系資格

データベースの知識や技術を身につけたいなら、応用情報処理技術者試験・データベーススペシャリストのいずれかをおすすめする。

どちらも難しい資格だが、情報処理系の国家資格で、特定のデータベースに依存しない知識が身につくので汎用性が高い。
1回の受験料が5700円と安く、取得した資格に有効期限もないので、ベンダー資格とは比較にならないほど費用対効果がいい。
過去問も公式サイトに10年以上分が無償公開されている。過去問と答えが掲載されており、解説は確かついていなかったと思う。

応用情報処理技術者は、IT関連技術を幅広く問う試験だが、選択できる分野の1つにデータベースがある。
SQLや正規化やトランザクションなどデータベースの仕組みの基礎を学ぶことができる。
但し、応用情報処理技術者の資格を取りたいなら、プログラミングやネットワークなど別分野の知識や経験も必要。学習範囲が広いので、データベースを学ぶだけでは取得は難しい。

「データベーススペシャリスト」は応用情報処理技術者の上位に位置する資格で、情報処理系国家資格の中では最難関の1つ。こちらはデータベースに特化している。
試験は年1回、毎年春にしか開催されない。データベーススペシャリストは私も未取得なので、取得に向けて現在進行形で励んでいる…。

以前は、「MCAデータベース」というマイクロソフト社の入門レベルのデータベース資格も存在したが、残念ながら、2014年でサービスを終えている。



■Oracle Master 11gの失効期限

オラクルマスターという資格には、TOEICのように、その資格が有効である期間が限られている。
2018年10月現在、Oracle Master 11gの失効日はまだ設定されていないようだ。11gと12cが、現在Oオラクル社の認める「最新バージョン」であるとされている。

参考
ORACLE MASTER データベース資格者の方へ 重要なお知らせ

11gは、Oracle社のExtended Support(延長サポート)が2019年1月末で切れ、最もサポートレベルの低いSustaining Supportへ移行する。Oracle Master 11gが失効するのは、少なくともOracle 11gがSustaining Supportへ移行し、しばらく経ってからだろうと思う。(データベース製品より先に資格が失効するという馬鹿げたことは、さすがにオラクル社はしてこないはず)