冷たいから美味しい!海鮮おせちのおすすめ 「海鮮おせち 北の漁師膳 三段重」

「正月は寒いのに、冷たいだけのおせちは苦痛」と常々感じていたので、一昨年・昨年は冷たいからこそ美味しい海鮮おせちを頼んだ。予想以上に美味しく、70歳過ぎの高齢者から10歳未満のちび達にまで人気だったので、おせち選びでお悩みの方に海鮮おせちはおすすめ。

海鮮おせちの良かったところ

年齢性別を問わず好まれる

「新鮮な海の幸」という万人受けする美味しさが、海鮮おせちの一番の強みだと感じる。

大みそかからお正月の三が日にかけて、幅広い年齢層の家族・親類縁者が入れ替わり立ち替わり実家を訪れる。そうした幅広い年齢に受け入れられる幅広い美味しさ・食べやすさを、海鮮おせちは備えていた。

購入前は「真冬に高齢者に冷たい食べ物ばかり出すのはどうかな…?」と不安を感じていたが、いざ正月が来てみると、70過ぎの両親は自ら箸をお重箱に伸ばして海老やサーモンに舌鼓を打ち、食後特に寒さを訴えることもなかったので、購入者の杞憂に終わった。

骨つきのまま使われた魚がお重箱に1種類も入っていなかったのは、特に有難かった。
お重箱に骨つきの魚が入っていると、高齢者・子どもの場合、大人のサポートが必要になってしまう。各自が好きなもの好きな時に食べてくつろぐ、というあるべきお正月にできたのは、お重箱の食べやすさの功績も大きかった。

黒豆やイクラや蟹のおこわなど柔らかい食べ物も多かったので、幼稚園児のちびちゃんもどんどんお重箱に箸を伸ばしては、好きなものを選んで食べていた。

ちなみに、この海鮮おせちを唯一おすすめできないのは、甲殻類・魚類・魚卵の食物アレルギーをお持ち方。
生ものの多いおせちである上、半解凍だった魚介類が重箱の中で溶け、海の幸のエキスが他の食材に移りやすいので、お重箱全体が食べられないのではないかと思う。

ボリューム満点

正月当日、大人6人と子ども2人が1つ屋根の下に集まったが、8人の食欲をもってしても、お重箱3段&キンキの煮付けを1日で完食することはできなかった(笑)

おせち以外にお雑煮・鯛の塩焼き・唐揚げなどを用意していた所為でもあるが、お重箱&キンキはボリュームたっぷりで、ほぼほぼ平らげたのは1月3日で、丁度三が日の最終日だった。

「北の漁師膳」を購入される際は、他のお料理をどのくらい作るか、ある程度考えておかれた方がいいと思う。我が家は、鯛の塩焼きと「北の漁師膳」のキンキの煮付けがかぶってしまい、キンキが最後まで余ってしまった。

お雑煮の他に作るのであれば、魚介類以外で、温めて食べると美味しいものを用意すると、海鮮おせちとかぶらず食べ切りやすい。また、お重箱で甘い料理は黒豆煮と栗きんとんだけだったと思うので、甘いものを少し用意しておくと、女性やお子さんに喜ばれると思う。

贅沢な気分に

長年都会に住んでいるせいか、新鮮で美味しい魚介類=お金を出さないと食べられないもの、という感覚が根強い。お正月とはいえ、札幌から直送された新鮮な魚介類を3日間毎日食べられたので、とても贅沢で幸せな気持ちになった。



海鮮おせち「北の漁師膳」は事前に解凍が必要

「北の漁師膳」は、12月30日に冷凍された状態で郵送されてくる。
真冬なので、暖房を終日かけない部屋にお重箱を置き、半日以上放置して自然解凍する。
(冷蔵庫が空いているなら冷蔵保存が好ましいが、年の瀬の冷蔵庫は空きがない方が普通だと思うので、室温が5度前後の部屋に保管するだけでいいと思う)

蟹のおこわとキンキの姿煮の2つは、他と違いあたためて食べるお料理なので、食べる前に電子レンジでチンしてから頂くでok。