アガサクリスティ」タグアーカイブ

「オリエント急行の殺人」(アガサ・クリスティ) 読書感想文

英国が世界に誇る、推理小説の名作。実際に読んでみるまで、こんなにも切ないお話だとは知らなかった。 「オリエント急行の殺人」のあらすじ ※ストーリーの最初の41ページ分のみを記載 ベルギー人私立探偵のエルキュール・ポアロは […]

「春にして君を離れ」(アガサ・クリスティー 著) あらすじと読書感想文

法律を無視した犯罪はカケラも登場しない。が、その割にストーリーが残酷すぎると感じるのは、私だけだろうか。 ■「春にして君を離れ」のあらすじ ※ストーリーの最初の60ページ分のみ記載 有能な地方弁護士の妻であるジェーンは、 […]

「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」(アガサ・クリスティー 著) あらすじと読書感想文

小説全体から溢れる溌剌とした雰囲気がお気に入り。名探偵ポアロ氏が登場しない作品だが、アガサクリスティ女史の作品はハズレがない。 ■「なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?」のあらすじ ※全35章中第1章のあらすじのみを記載 […]

「マダム・ジゼル殺人事件」(アガサ・クリスティ 著) あらすじと読書感想文

■「マダム・ジゼル殺人事件」のあらすじ ※全26章中第1章・2章のみを記載 イギリスのクロイドン空港へと出発する定期旅客便プロミシューズ号の16番席に収まったジェイン・グレイは、向かいの12番席を見ることを頑なに拒んでい […]

「青列車の秘密」(アガサ・クリスティ 著) あらすじと読書感想文

■「青列車の秘密」のあらすじ ※全36章中第1章のみ記載 パリのいかがわしい一画にあるアパートの5階。そこで、鼠のような顔を持つ小男と、どぎつい化粧をした女が富豪の到着を待っていた。 男の名はボリス・イヴァノヴィッチ、女 […]