「人体デッサン」(視覚デザイン研究所) 感想文など

古今東西の先達芸術家のデッサンを見比べながら、人体デッサンの基礎を学ぶ本です。

■「人体デッサン」の説明

人物デッサンの描き方を指導する本ですが、著名な画家の人物クロッキー(ラフスケッチ)が多数掲載されています。

ざっと例を挙げると、ミケランジェロ、ルノワール、レオナルド・ダ・ヴィンチ、クリムト、ドガ、ルーベンス、ドーミエ、黒田清輝、岸田劉生など古典的大家の残したなどです。ページを開くと、殆どどのページにも、こうした古典的大家のラフスケッチが掲載されており、1つ1つの絵は小さいものが多いですが、1ページに数枚ずつという多数の絵が掲載されています。

また、人体をより正確に描くために押さえておくべきコツが、「全身画」と「身体の部位」の大きく2章に分けて解説されています。

視覚デザイン研究所編集。定価2000円。
2008年で第27刷。



■「人体デッサン」の読書感想文

人物画のデッサン力を向上させるべく、図書館で人物画デッサンの本を端から順に借りてきて読んでいた時期があるのですが、その際デッサンとクロッキーの実例が豊富で、図書館本を返却後購入に踏み切った本です。

ルノワールなど芸術の大家について、完成した作品は見ることがあっても、構想段階の下書きやラフ画、走り書きのクロッキーは、普段あまり目にする機会がありません。この書籍は、人物画の習作段階のスケッチが、1ページに1~10点ずつ掲載されています。

掲載されている作家の数も、20人を超えます。これほど多様な作家のクロッキーをまとめて眺めると、作家ごとの力量や描き方の癖などが分かります。

例えばミケランジェロは、習作とは思えないほど精緻で完成度の高いクロッキーを描いています。伏し目がちな瞳や頬や鼻筋に落ちる影の細やかさを見ていると、習作にしておくのが勿体ないくらいです。

反面ルノワールやクリムトはあまり正確でないデッサンも見受けられ、まだ未熟な読み手は非常に勇気づけられました(笑) レオナルド・ダ・ヴィンチは非常に絵が上手い印象があったのですが、人物画の習作を見ると上手なものとそうではないものが入り混じっているなど、面白い発見があります。

技法に関しても多く言及されています。私が特に重宝しているのは身体の部位ごとに作画のポイントを述べた章です。
頭部なら頭部の作画ポイントが説明されたあと、古今東西の頭部デッサン・作品を見比べながら、自分の作画方法をチェックすることができるようページに工夫が凝らされています。